自分はvtuberというコンテンツを遅れて見始めたのだが、
このコンテンツにどう接していけばいいのか正直よくわからない。
正確には遅れて見始めたわけではなく1番最初の時代には触れていた。
だがすぐに飽きて自分には向いてないと判断し以降一切触れていなかった、という感じ。
ブログでも始めたばかりの頃のキズナアイのこととか書いてたはず。
そんな自分が今更1周回ってハマっている?のは面白い。
Twitterで#新人vtuberのタグを見ると、今もの凄い数の新しめのvtuberがいる。
幻中綴や卯々瑠しぃぷがたまに配信でも言ってる通り、
そのたくさんいる新人vの中から出会いハマるのは奇跡に近い。
まあ今となっては幻中綴ほぼ単推しになっているが、ここが少し気になった。
自分としてはいろんなVを推すのは申し訳ないと思ってできるだけ絞るのだけど、
綴のファンのTwitterプロフィールを見ていると、ほぼみんな推しがたくさんいる。
数人推しがいる、どころではなくたくさん名前(もしくは名前を表す絵文字)が並んでたりする。
そしてTL上にもいろんなVのリツイートがある。
つまり、V界隈では推しがたくさんいるのは当たり前のことなのだ。
配信する側も見る側もそういうものとしてやってる。
それでも自分としてはできるだけ見るのを絞りたい・・・というか時間足りないし。
コメントもするのに少し躊躇してしまう。
最初だけちゃんと見て途中から固定活動で離れたりするから、
コメした=来てる&見てると思われて実は見れてないことに罪悪感。
それでもコメントがあまり流れてないときは、なんか申し訳ないからやっちゃうのだけども。
全くコメントしないとそれはそれで、見に来てくれなかったと思われるかもしれない。
全部考えすぎなのかもしれないが立ち回りが難しい。
綴を悲しませたくない!(手遅れ)
nene6