献血のことを。
あーはやく次の献血やりたいなって。
ふと思ったがなぜこんなにやりたくなるのか。
休みの日に家でゲームだけしてても逆に暇になるから、
単純に横になってだらっとテレビ見てるのが楽だから、
血を抜かれる感じが好きだから、
針で刺されてる感じが好きだから、
感謝されるのが嬉しいから、
とか色々考えてみた。


休みの日に家でゲームだけしてても逆に暇になるから
これはなぜか感じてしまう。
別に飽きてるわけでもない(はず)、やることもたくさんある。
やる気がないわけでもない、けど1日中やるのはなんかきつい。


単純に横になってだらっとテレビ見てるのが楽だから
たぶん仕事の疲れとかで本当は寝たいんじゃないかと思う。
だけど大昔に言ってたように、それで休み潰すのは時間の無駄に感じるからしたくない。


血を抜かれる感じが好きだから
自分の血が管を通っていくの見るのは嫌いじゃない。
少し怖い気持ちもないことはない、たまーにちょっと痛みあるし。


針で刺されてる感じが好きだから
小さい頃から喘息でよく病院に行って、吸入じゃ治まらないこと多く点滴もしてた。
それで慣れるどころか逆に好きになってる可能性が・・・なくもない。
ミスで神経損傷起きたという話はちょっと怖い。


感謝されるのが嬉しいから
めちゃくちゃ感謝される。
そういう経験があまりない人は確実に感謝される献血は嬉しいはず。


結局のところこれらどれかというより全部満たせるからこそ行きたくなるんだと思う。
自分と献血の相性が良すぎた。
車で20分ちょいかかるけど、それはそれで軽いドライブにちょうどいいし。
お世話になった小児科のあのおじさん医者に、あの子が今は献血にはまってますよって教えたい。
覚えてるわけないだろうけど。
nene20